スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きさらぎのカリカリブレンド

 06, 2017 21:26

前回のカリカリブレンドを記事にするのを忘れていた。
で、そのまま次のブレンドにもうなっていたりする。

レギュラーとして固定化されたのがコチラ。
オリジン キャット&キトン
ナチュラルバランス オリジナルウルトラ





re_ふーとらい_feb29-10





実はオリジンの給与量に仔猫用の記載がない。
ちょっと前まではあったんだとか。
で、聞いてみたところ。

1kg
6-20週 55g
5-8ヵ月 30g
8-10ヵ月 20g
10-12ヵ月 20g

2kg
6-20週 110g
5-8ヵ月 60g
8-10ヵ月 45g
10-12ヵ月 40g

3kg
6-20週 165g
5-8ヵ月 90g
8-10ヵ月 70g
10-12ヵ月 60g

4kg
5-8ヵ月 120g
8-10ヵ月 95g
10-12ヵ月 80g

5kg
5-8ヵ月 150g
8-10ヵ月 120g
10-12ヵ月 100g

いまのふうらいは3kg目指して成長中なので70gが目安。
だのに、そんなに食べられてない。
夜のウェット添えでトータル60g程度いってるかどうか。





re_ふーとらい_feb29-2





まあ、ぜんぜん足りてないわけじゃないし。
ぽっちゃりまっしぐらよりは心配がなくていいのかな。





re_ふーとらい_feb29-7





で、今回ローテーションの3枠に入ったのが、
ブルーバッファロー。

選んだ理由は。
家禽や副産物ミールなどが使われてない。
合成着色料や合成保存料が使われてない。
けれど、グレインフリーではなくグルテンフリー。

オリジン グレインフリー
ナチュラルバランス グルテンフリー
ブルーバッファロー グルテンフリー
と、グレインフリーはオリジンのみにした。

採りすぎはよくないのだろうと確かに思う。
けれど、完全なるグレインフリーは正直どうなのかと。
説としては正しい気はするが、納得感がない。
なので、グルテンフリーで攻めてみた。
まあ、要するに確固たる理由があるわけではなく好みだ。












なんでもいいさ。
いっぱい食べて強くなってね。


COMMENT - 3

shah-san  2017, 02. 06 [Mon] 22:48

こんばんは

そうそう、結論は最後の1文ですよね。
いっぱい食べて、元気に育ってくれれば、
それが一番です。

ごはんの穀物系は、ネコさんでもある程度は消化できるので、
アレルギーや大量摂取でもない限り、
入っていること自体はOKっぽいですよ。
穀物から摂れる食物繊維は腸の活性に重要ですし、
ビタミンも大事。
結局バランスの問題らしいです。
ネズミさんばかりでも生きてはいけるけど、
穀類からの方が簡単に摂取量を上げれたり。
それと、メーカーによってはネコさんが消化吸収しやすいように加工してたりします。
個人的に疑問なのは、ネズミさんやらの野生の食生活とフード、
どっちがネコさんにとって良くて、元気に長生きできるのか?
ネズミさん食をしていた=それが最善最高、であるとも限らないのでは?
(パンダだって野生は竹笹オンリーだけど動物園では果物その他で栄養価を上げてるぞ~)

Edit | Reply | 

-  2017, 02. 07 [Tue] 13:18

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

ぱぱた  2017, 02. 08 [Wed] 09:05

☆shah-sanさんへ

shah-sanさん、ありがとうございます。

はい。
求めるのはずっと元気でいてほしい。
それだけデスよね。

自分は健康に悪そうな物ばかりが好きなのに、
ふうらいのフードをこんなに調べるとは。
本人にとっても想定外でした。

個人的なフード問題のゴールは。
結局ただの流行りだというコト。
ただ、その流行りの根底には、
その時々の研究の成果があって。
その積み重ねが今日だというコト。

正解を知るすべはボクらにはなく、
であるならば、自分が納得できる選択をしたいデスね。

大前提をネズミにおくのはどうなのか、
ボクもshah-sanさんの意見に賛成デス。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。